ランドセル情報局|イオンの評判と機能・特徴

イオンの歴史とランドセルの特徴

ランドセルは今では小学校へ入学する子どもがみんな購入するものですが、昔は裕福な家庭の子どものみが持てるもので、普通の家庭の子どもは風呂敷などを使っているのが普通でした。

全国的に普及したのは、昭和30年(今から約60年前)くらいと、かなり最近になってからです。

ランドセルは明治20年に作られ始め、現在まで約130年の歴史があります。

昭和の時代にいろいろな変遷を経てきましたが、最近の大きな変革といえばイオンが平成13年に出した24色のランドセルです。

それまでは赤と黒の2色が主でしたが、イオンが特徴的なカラフルなランドセルを出したことで他の会社もカラフルな商品を出し始めました。

今では男子が黒、女子が赤が絶対という時代ではなく、多くの色の中から自分の好きな色を選択できるようになりました。

時代の価値観の多様化にともなってランドセルもだんだんと自由になってきています。しかし形はそれほど変化していません。

 

イオンのランドセルの種類とイチオシのモデルは?

イオンのランドセルの特徴といえば24色のカラー展開があるということ、量販されているが品質は高い、他のブランドとのコラボレーションなどでしょう。

何より他の企業に比べて、種類がとても多いので選ぶ楽しみもたくさんあります。

なかでも一押しのランドセルは「みらいポケットハートフルブーケ」です。

普通のランドセルの小マチは3センチ程度なのですが、こちらは「みらいポケット」と呼ばれ、8センチまで拡大することができる機能がついています。

今までは、3センチ以下の細いノートなどしか入らなかったのですが、8センチありますので内履きや体操着なども入れることができます。

横にぶら下げる必要や手に持つ必要がなくなり、登下校の際もより安心です。

カラーも数種類から選択することができますので、他の人と一緒になる可能性も少ないでしょう。

子どもたちが6年間使用するものですから、より使いやすく、より高品質なものを選び、楽しい学校生活をサポートできるようにしたいものです。

 

カテゴリー: ランドセル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です